パンの分量について

ホームベーカリーとは?

当サイトは1斤に対しての分量

現在、愛用のホームベーカリーが1斤用なので、材料の分量は、1斤の出来上がりになります。ホームベーカリーが1.5斤用なら材料も1.5斤の量にして下さい。

パンの材料について

強力粉・・・必ず250g
砂糖・・・10~30g(多いと表面が濃く焼ける)
・・・3~4g
バター・・・10~30g(多い方が美味しい)
・・・1個(卵を入れる時は水の量を減らす。卵と水が170~180cc。
牛乳・・・牛乳を入れる時は水の量を減らす。
イースト・・・3~4g(多いと膨らみ過ぎる)

材料は、入れすぎると膨らみ過ぎるので注意。

パンには顔がある

毎回、パンを焼いても同じようには焼き上がりません。それぞれ、顔があります。それは、室温、湿度、材料の種類・質、タイマーの設定時間などで変わるからです。

無添加パンなので1斤の量が便利

当サイトでも紹介していますが、無添加の手作りパンは日持ちが悪いです。
材料にもよりますが、卵、牛乳、果物などが入っていると早くカビてしまいます。

パンケースで保管しても4~5日から傷んで来ます。我が家では、早めに食べきらない時は、1枚ずつラップにくるんで冷凍庫で保管します。食べる時は、凍ったまま電子レンジで焼けば美味しく食べれます。



« »